2014/07/21

Glastonbury Festival 2014 〜Day2 : 06/26〜

9時前位に起床。

去年の夜の冷え込みに恐怖を感じ、今年は夏用ではない寝袋を持っていったのだけど、それプラス、アルミシート(エマージェンシーシート)に包まれ寒くも暑くもなく快適に寝れました♫
寒さ対策にウルトラライトダウンを持っていったけど結局一度も着ることなかった…
今年はそこまで寒くないのかしら?

朝食に持って来ていた食料をつまみ、着替えを済ませ今回グラストのチケットを取ったメンバーで記念撮影しにWorthy Viewの絶景ポイントへ。

テントから出ると遠くの方では雨が降ってる模様…
一応雨予報だったので覚悟は出来てたけど…w 


いい景色♪


思い思いに過ごしてる人達を横目に、みんなで(総勢15名w)この時のために用意した格好で記念撮影♫
(仮装をしようかと色々考えてたけど、結局無難にまとめてしまった私…チキン…←)
その時の様子は残念ながら載せませんよ?←
来年はちゃんと考えよっと(`・ω・´)w

1時間位そこで遊んだ後、去年行こうと言ってたけど行けなかったグルグル丘(正式名、グラストンベリートー(トア))へ行くことに♪

グラストンベリートーとは:
イギリスサマセットのグラストンベリー近郊にある丘。海抜145メートルで、丘の頂上付近にある屋根が無い旧聖ミカエル教会が特徴的である。ナショナル・トラストによって管理されている。 かつてサマセット一帯は湖や湿地帯が広がっており、これらが干拓されてしまう以前は、グラストンベリー・トーは島のように湿地の中に浮かんでいた。古代よりケルト人などの聖地であったほか、アーサー王伝説に登場する伝説の島・アヴァロンをグラストンベリー・トーに同定する説もあり、12世紀末にはアーサー王とグィネヴィア王妃の遺体とされる骨や棺がグラストンベリー修道院長らによって頂上から「発掘」され、修道院に埋葬されたと伝わっている。 
wikiより抜粋

要するにイギリス最大の聖地・パワースポットです。
イエス・キリストが訪れた聖地でもあり、イギリス初のキリスト教発祥の地でもあるそう。
ググれば面白いお話し(UFOや宇宙人との遭遇話とかw)が見れるのでお暇な時にチェックしてみて下さいw

そんな聖地、実はこのグラスト会場から近いんです!
とは言っても片道車で30分位はかかるのだけども。

仲間の運転する車で、早速行ってきました!
途中道に迷いながらも到着!!






丘を登る前に気になるほこら(?)を発見! 

アバロンとか、ホント素敵な響き… 
アダムとイブにちなんでるのかしら?

 てっぺんまであとちょっと…

登ってくる途中に何か気になる設備(?)が。
コレってなんだろう?
絵が何を意味するのか…

フェス会場が見えますよ♪




景色を堪能しながら登ること15分位、頂上へ到着!!!!

旧聖ミカエル教会を近くで見上げてみた
クリスタルの破片が埋まってるなんて気づかなかったわ…

内部、天井は無し!!



内部から外の眺め…
素晴らしい!!

反対側の入口

登ってきた道とは違う方の道
こっちの方が緩やか?

ハイキングに来る人、散歩に来る人、瞑想する人、ヨガをする人、絵を描く人、読書する人、
様々な目的を持った人が来ていました

絶景かな絶景かな〜(記念に撮ってもらったw
風がビュービューで花冠が飛びそうな位の強風でした(´・ω・`)


この場所は荘厳で重々しく、そしてどこか物哀しい何かを感じました。
私とはあまり波長が合わないのかな…(´・ω・`)
強風が吹き、今にも降りそうなお天気だったからそう感じたのか…?
でも、パワースポットと呼ばれるだけに何か言葉では言い表せない雰囲気が漂っています。

もっとゆっくり居たかったけど、フェスの合間に来ているのでそうもいかずw、帰ることに。
また30分かけて戻るのでありました・・・



Worthy Viewのテントに戻ると雨が…
結構な勢いで降りだしたため少しテントでゆっくりし、小降りになったタイミングで外界(会場)へ。
お昼ご飯とバンTを仕入れにlet's go!!


ご飯はレッドカレーのをチョイス♪
エビせんとレーズンの入ったコールスローちっくなサラダが付いて£9位だったかな…
ちょっとお高め(´・ω・`)
でも味は美味しかった♡


お腹を満たし、続いてOther Stageの左脇にある物販へ
売ってるものは以下のとおり…↓







この他にもう少しMetallicaグッズもあったのだけど写真撮り忘れてたみたい(´・ω・`)
基本、バンドTシャツは£20〜25でした。
オフィシャルTはもう少し安く£15です。
でもめっちゃダサry←


今回私が仕入れたTシャツはコチラ♪
って、Kings Of LeonとColdplayはグラストで仕入れたものではありませんw
この他にグラストのオフィシャルTを1枚購入してます


ひと通りグッズを仕入れ、ふとOther Stageを見ると何か見覚えのある物体がステージ上にドーンと…w


はい、スッキリレックス(スクリレックス)のあの戦闘機でしたw


会場中、小さいステージ以外ではリハをやっているみたい!
最後の追い込みですねw

日も暮れだし、去年同様今年もシークレット的なライブがあるかもということで、William's Greenのテントへ向かうことに。


シロクマさん
昼間見る分にはいいけど、夜だとちょっと怖いかもw

途中小さなテントからステキな音楽が聞こえてきて、思わずパチリと。
誰だろう?

2日目の夜ともなると、大分人が増えてます


迷いに迷ってWilliam's Greenに到着ー!!!
去年も来てるっていうのに、すっかり行き方を忘れてるっていうねww
お陰でシークレット1組目のThe 1975を逃しました…(´;ω;`)ブワッww



ちっちゃいテント&ステージなだけに中に到底入れない程の人だかり…
諦めて遠く離れた位置で待機(´・ω・`)

少しすると2組目がスタート!!
誰だ???
聞き覚えがめちゃめちゃある曲なんだけど…
えーっと…えーっと……


正解はMetromomyでしたー!!


…豪華だなぁ(ボソリ
Metronomyは今回観れないと思っていたので嬉しかった〜♪
(でも、正確には観てないなく音を聞いてただけなんだけどねw)
私がいた場所は丁度バーの横だったため、酒を飲み&お喋りしに来てるのかライブを観に来ているのか分からない人達だらけで、あまり彼らのライブに集中できず終了ーっww

時間はすでに22:00を過ぎており、明日からはライブ三昧だからとぼちぼちWorthy Viewへ帰ることに。

途中でまたまたステキなライブをやってるバンドが!
楽しげな音にこのステージも雰囲気もたっぷりでイイのよね♡

またまたまたロックな音がバーのテントから聞こえてきて思わずフラフラ〜っと…

ちゃんと写真撮れなかったw
赤いライト嫌いww


中にいた既に出来上がってるおじさんグループに写真を撮られ、退散…w


夜景もいい感じ♡


天国に帰る前にストーンサークルに寄り、仲間が持って来ていた手作りのキャンドルを灯して写真撮影♪
この写真を撮ってる時、お酒で酔ってるのかゴニョゴニョで酔ってるのか分からない兄ちゃんに絡まれたw
イギリス人(確か)の彼曰く、日本に行ってみたいとのことw

ストーンサークルの石にピラミッド型のキャンドル…
とても幻想的でステキでした♡

上手く夜景が撮れず…(´;ω;`)ブワッ
綺麗さ伝わるかしら…


昼間の景色もステキだけど、夜の方がもっとステキです♪
ずっと見ていたい♡


十二分に夜景を楽しんで疲れmaxの中、地獄の坂&階段を上りテントに帰るのでありました…

ちなみにこの日はちょこちょこ雨が降ったもののまだ路面状態はセーフ!!w





Glastonbury Festival 2014 〜Day3 : 06/27〜 に続く…